OVER40のアキレス腱断裂治療日記【4日目】

SEIYUドットコム2

ネットが繋がっていれば食に困ることはない。

食料を確保するため、起き抜けにネットスーパーにユーザー登録をして、そのまま注文。大手コンビニが高齢者をターゲットに展開している配達サービスを利用して、弁当やおにぎりを日替わりで買うという選択肢もありますが、僕は自炊派。凝ったものはできませんが料理自体は苦にならないので、野菜や肉、パスタなどをまとめて購入しました。

実家の親きょうだいや友達は「必要なものがあれば言えよ、すぐに送るから」と言ってくれましたが、人を頼るのは、自分ではどうにもならない場合だけ。今はネットが繋がっていれば食に困ることはありませんので、気持ちだけありがたくちょうだいしました。もちろん、地方ではまだこうしたサービスが普及していないところもあるでしょうけど。




午後、いつもお世話になっているM社のH君より取材の依頼。事情を話してお断りし、外出できるようになればこちらから連絡すると伝えると、取材が発生しない案件があればお願いします、と言ってくれた。ありがたいなぁ。

僕はフリーランスで、今は暇な時期だからこういうことも可能だけど、会社勤めで繁忙期だったらどうなっていたんだろう。在宅勤務で給料がもらえただろうか。
以前、膝の靭帯を断裂した時にはギブスを装着し、松葉杖をつきながら電車で通勤した。駅まで10分の道のりをどうにか歩くことができたのは、膝が曲がらないだけで体重の移動が可能だったからだろうか。うーん、よく思い出せない。