OVER40のアキレス腱断裂治療日記【37日目】

渋谷ヒカリエコンコース

人が多い場所を松葉杖で歩くのは精神的に疲れます。

今日から仕事を再開。現場は渋谷、取材開始は15時です。
いつもなら1時間前に自宅を出れば十分に間に合うところですが、松葉杖でかなりの距離を歩かなくてはならないので11時にタクシーを呼んで小田急線町田駅へと向かいました。
駅では、タイミングよく入ってきた新宿行きの普通電車に乗りました。この時間だと急行や快速電車も空いていますが、優先座席が空いているとは限らないからです。

下北沢ではベビーカーを押す女性のあとを追うようにしてエレベーターを乗継ぎ、京王井の頭線のホームへ。この日は事故でダイヤが乱れていたようで、普通電車も満員。ホームにも人が溢れていたので安全な場所で何本か見送ってから乗りました。

渋谷駅に着いてからは、何日か前、市役所から図書館へ行った時と同じく、100歩ごとに休憩をいれながら歩きました。それでも、宮益坂下の交差点にたどり着いた頃にはもう全身汗ダク。渋谷のように人が多いところではどうしても気が焦りますし、なかには松葉杖の僕よりもスローなテンポで歩いている人もいるので、精神的にもものすごく疲れますね。
宮益坂上までの長い上り坂は、気が遠くなるような距離でした。

本末転倒な仕様のインフラに愕然。

自宅で過ごすようなわけにはいかないと思ったのは、目的地の手前で見つけたカフェに入ろうとした時。カウンター席がひとつ空いていましたが、2本の松葉杖を置く場所はなく、狭い店内で片松葉杖をついてコーヒーを運ぶのも、すごく難しいことに思えたのです。

仕方なく目的地の先にあるハンバーガーショップまで歩いてようやく一休み。店員さんが気をきかせて、注文したものを席まで運んでくれたのは嬉しかったです。でも、トイレは我慢。ほとんど体力を使い果たしていたこともあって傾斜のきつい階段を上る気にはなれませんでした・・・・。

取材は無事に終わり、編集さんとカメラマンさんとはその場で別れて休みをいれながら渋谷駅へ。来た道を戻ればいいのに、少しでも楽をしようという気持ちが働いて、結果的に遠回り・・・。渋谷署前の歩道橋を上って、エレベーターで降り、渋谷ヒカリエに上ってコンコースを歩くことに。

そこで、松葉杖でガシガシ歩いている高校生らしき女の子とすれ違い気持ちを奮い立たせましたが、JR山手線の改札前には長い階段が・・・。真新しいコンコースには切れ目なく手すりが設置されているのに、ここにはエレベーターもエスカレーターもありません。東京オリンピックを招致できれば、こんな本末転倒な仕様のインフラも改善されるのでしょうかね。