OVER40のアキレス腱断裂治療日記【56日目】

doctor
1カ月ぶりの診察日。
数秒間の触診後、装具のかかと部分に何層にも重ねてあるアライメント(樹脂製の層)のうち、上から2枚をベリベリとはがして脱着。こうして少しずつ角度を調整し、装具を外して歩ける状態に近づけていきます。そして、今日から松葉杖を1本にして、体重を乗せて歩くように指示を受けました。

わずか2枚分とはいえ、体重を乗せてみると違いは歴然。大げさに言えば、ハイヒールからスニーカーに替えたような感じ。発症から2カ月。また一歩前進、というところです。

ただ、医師は僕の回復状態に合わせてくれたわけではなく、2か月経ったので定石どおりアライメントを外したという感じ。時間をかけてリハビリをするしかないと言われればそうなのですが、患者を捌いている感アリアリ。実に味気ないものです。


装具
診察後はいつものようにリハビリセンターで、ひととおりのメニューをこなし、マッサージを受けました。
「さすがにふくらはぎが寂しくなってきたねえ」と担当スタッフ。焦りはないけど、同じメニューばかりでは飽きると伝えると、2つのメニューを加えてくれました。

ひとつは座ったままでかかとを浮かす運動。今の状態で指先に力を入れると再断裂する可能性が高いので、負荷を掛けずに20回程度。
そしてもうひとつは、同じく座ったまま、床にかかとを着け、くるぶしと膝の位置を揃えてキープ。どちらもきわめて地味なメニューです。

あとは体重を乗せてどんどん歩くことが大事、とのことでした。
階段の昇り降りに神経を使うこともあり、仕事がない日は部屋から出ないことに慣れてしまったのですが、それでは筋力が戻らないので毎日必ず外に出て歩くように言われました。
というわけで、タクシーの利用は今日でおしまい。
明日から朝のウォーキングを再開します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする