OVER40のアキレス腱断裂治療日記【110日目】

装具・松葉杖・ブーツ

スポンサーリンク

丸3カ月間付け続けていた装具を外し、つま先立ちにトライ!

今日は診察日。触診するまでもなく、という感じで予定通り、装具を外す許可が出ました。最初の2カ月は眠る時も装着したままで、まる3カ月。急いで治す必要がないことは最初に伝えていましたし、僕の年齢も考慮してくれていたのだと思いますが、それしても長かった……!

3万円以上する高級オーダーメイド品ですが、剥がしたアライメントは全部棄ててしまったし、そのたびにマジックテープを切ってフィット感を調整してきたので、これでお別れ。履き心地最悪のブーツとともに、すみやかに処分します。

「万が一、再断裂した場合は手術することになるから、これからはリハビリも含めてより慎重に」と医師。その時は、また新しい装具を買うことになるのでしょう。絶対にごめんですけど(松葉杖はとっておきます)。

リハビリ・つま先立ち
リハビリセンターでは、新たに両脚での「つま先立ち」にトライ。許可が出る前から自宅では装具を外して歩いていたし、膝の曲げ伸ばしと片足立ちを毎日欠かさず続けていたので、スンナリOK。両手を壁から離しても恐怖感はありませんでした。

10回ほど繰り返しただけでふくらはぎがパンパンになりましたが、考えてみればこれもひさしぶりの感覚。100%は難しくても、ルパン三世のように痩せこけてしまったふくらはぎ(右脚)が、本格的なリハビリでどこまで戻るか楽しみです。

担当スタッフと相談して、これから2週間は30回×3セットを1日3回と適度なウォーキングを行い、3週目から少しずつ片足でのつま先立ちに移行していくことになりました。最も危ないのは、片足でのつま先立ちのリハビリを始める前につま先に体重を乗せてしまうことなので、それまでは階段の降りは足を揃えながら一段ずつ。自転車も同じような危険性があるので、あと1カ月は我慢です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする