「オレたち花のバブル組」「オレたちバブル入行組」(池井戸潤・著)を読みました。

オレたち華のバブル組
最高傑作と言える「空飛ぶタイヤ」、直木賞受賞作の「下町ロケット」など、池井戸潤さんの企業小説には零細企業に冷たい都市銀行が登場しますが、この2作では銀行員が主人公。
ただ、入れば一生安泰と言われた時代は過ぎ、物語の舞台となるのはタイトルにも表れているとおり、バブル崩壊後の銀行。主人公の半沢は金融再編の波に翻弄されつつ「やられたら倍返し」のスタンスで突き進んでいきます。
細部のディティールまで丹念に描くことができるのは元銀行員だからこそでしょうが、組織のなかで仲間と敵をくっきりと浮き立たせる手法は天下一品だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする