【ちょっと書評】一路/浅田次郎

一路 浅田次郎

父の不慮の死により家督を相続、交代寄合蒔坂家の御供頭として江戸への参勤を差配することになった小野寺一路、十九歳。二百年以上前に記された家伝の「行軍録」を唯一の手がかりに、古式に則った行列を仕立て、いざ江戸見参の道中へ。
 お役目を果たせなければ家禄召し上げという身で、一所懸命におのれの本分を全うしようとする一路。その前途に、真冬の中山道の難所が立ち塞がる。さらに行列の内部では、ひそかに御家乗っ取りの企みが……。

浅田次郎の時代小説、久しぶりによかったです。
他の作品がつまらないということではありませんが、あまりにも語り口調の文章が多いので……。「天切り松闇がたり」のようなシリーズものならともかく、「一刀斎夢録」「赤猫異聞」「黒書院の六兵衛」と、期待して手に取った作品が続けてそうだったので食傷気味だったのです。

この「一路」も途中で2頭の馬が会話を始めた時には飛ばし読みをしてしまおうかと思いましたが、小野寺一路、蒔坂左京大夫、栗山真吾、佐久間勘十郎をはじめとする愛おしいキャラクターたちがそれを許しません。

古式に則り、ひとつのことを愚直にやり遂げようとする若者と、そんな彼に引きつけられるようにして出会い、参勤行列に加わる個性豊かな仲間たち、そして道中で出会う人達との関係が微笑ましくて切なくて温かくて、気づけばもう、目前まで江戸が迫っていた、という感じでした。

中央公論新社 一路 特設ページ

浅田 次郎 中央公論新社 2013-02-22
売り上げランキング : 29337

by ヨメレバ

浅田 次郎 中央公論新社 2013-02-22
売り上げランキング : 26858

by ヨメレバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加