【読後爽快!の企業小説】ルーズヴェルト・ゲーム

ルーズヴェルト・ゲーム
「ルーズヴェルト・ゲーム」とは、かつてのアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズヴェルトが「最も面白い野球のスコアは8対7」と語ったことに由来。

物語の舞台は、コストカット・人員整理の嵐が吹き荒れ、ライバル会社との合併話が持ち上がる企業。名門と言われた野球部も、そのなかで廃部が現実味を帯びていきます。

「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」ほどのスケール感や奥行きはないですが、読後の爽快感は変わらず。最後は「営業力」より「技術力」が勝る、というのも池井戸潤らしさかなと思います。

「犯人探しのミステリーは、しばらくいいかな」と、いう方はぜひ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする