町田・中町にオープンした『SUN’S CAFE』へ行ってきました。

SUN'S CAFE
昨年12月末に閉店した「カフェ・ベローチェ」の跡地に、2014年7月にオープンした『SUN’S CAFE』へ行ってきました。
馴染みのない店名なので調べてみると、チェーン店ではなく、経営母体は(株)太陽ハウジング。神奈川・町田エリアで住宅の防音工事やリフォーム工事を手がけている会社で、これが初めての出店とのこと。

とはいえ、スタッフの教育は行き届いているようで、カウンターでの接客は申し分なし。バッグを引っ掛けるマグネットフックやバスケットも用意されていて、ポイントサービスを含めて他のカフェチェーンのいいところは積極的に取り入れているという感じ。ドリンクの値段も良心的で(Mサイズのコーヒーで240円)、お代わりは半額(レシートが必要)。フードメニューもカフェとしての品揃えは十分でしょう。

SUN'S CAFE

オープン後間もないということでテーブルにディスプレイされた献花がうるさいですが、テーブルとイスの組み合わせはひとつではなく、食事、読書、おしゃべり、勉強など、いろんな過ごし方ができるように工夫されています。雰囲気も以前の「カフェ・ベローチェ」と比較すると、かなり明るい感じ。完全分煙、トイレは男女別です。

SUN'S CAFE

道路に面したカウンター席は、テーブルの奥行き、ひとりあたりの横幅、足元のスペースとも余裕十分。電源の位置もベスト。イスがどっしりした造りで座り心地がいいので、長居してPC作業をするならここですね。もちろん、どれだけ長くいてもいいという張り紙などはありませんので、常識の範囲で。

残念なのは、Wi-Fi環境が”フレッツ・スポット”になっていたこと。「カフェ・ベローチェ」では”Wi2 300”だったので引き続き使えればと願っていたのですが(どういうわけか、まったくつながらないわけではない)。フレッツ光のユーザー(フレッツ光メンバーズクラブ加入者)じゃない僕がここでWi-Fiを使うには、月額800円が必要になります。

いずれにせよ、事前登録をしなければアクセスできない状況は同じ。秋葉原などにやってくる外国人観光客に「日本語のサイトで事前登録をしなければならないのなら、Wi-Fiは使えないのと同じ」と酷評されているというのに。そんな現状をすぐに変えられるのが、チェーンの店ではないカフェの良さだと思うんだけどなぁ。

【追記】
町田・中町にオープンした『SUN'S CAFE』へ行ってきました。
現在(2015年6月22日)は、フレッツ光のユーザー(フレッツ光メンバーズクラブ会員/フレッツ・スポットの契約者)でなくても、無料でWi-Fiが利用できるようになっています。
とはいえ、事前に「フレッツ・ポータル」というサービスへの申し込み(会員登録)が必要で、利用時間は1日15分×2回のみ。ないよりはマシですが、「フレッツ・スポット」と「フレッツ・ポータル」の違いがわかりづらいし、登録とアプリをダウンロードする手間と接続可能時間を考えると、すぐにWi-Fiが必要な時はやっぱりスタバへ行こう、となっちゃうんじゃないかなぁ。ドリンクとフードメニューがいいだけに、もう一歩踏み込んでほしいところですね。
フレッツ・ポータルの会員登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする