この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

「ワイシャツに透けた乳首」と「背中の汗」は防ぎたい。

大好きな夏がもうそこまで来ています。
30歳を過ぎてから趣味で続けている夜ランも、この時期は間隔を詰めて出動。シャツと短パンが汗でぐだぐだになる感覚が好きなんですよね。

もちろん、仕事で出かける時は別です。
僕は厳冬期でも予備のタオルハンカチを持ち歩くほど汗っかきな体質ですので、制汗パウダー入りのデオドラントウオーターは必需品であり、インナーには特に気を配っています。

先日、美容外科・東京イセアクリニックがプロデュースする男性専門院「ゴリラクリニック 池袋本院」が公表した「夏の男性ファッション(汗・臭い)」に関するアンケート調査の結果によると(掲載:マイナビニュース)、「日常生活やビジネスシーンで嫌われる、夏場の男性ファッションは?」という問いに対して最も多かった回答は、「透けた乳首」(84.1%)。以下、「頭髪の薄毛の汗」(66.7%)、「ワキ汗」(54.0%)、「背中の汗」(41.3%)、「ワイシャツの下に下着(肌着)を付けていない男性」(34.9%)と続きます。

「頭髪の薄毛の汗」は大きなお世話でしょうし、「ワキ汗」くらいは勘弁してあげてほしいと思いますが、そのほかは夏場でなくてもあり得ないこと。自分自身が不快になりますし、たとえ無臭であってもワイシャツを濡らすほどの汗は周りの人に気を遣わせてしまいます。取材先で「室温を下げましょうか?」と言われるたびに申し訳ない気持ちになります。

そんな僕が、この夏の”相棒”に選んだのは、the GUNZE(ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ(CK9018)
グンゼの肌着を購入したのは、おそらくは30年以上ぶりです。アラフィフ世代にとって、物心ついた頃から肌着と言えばグンゼ。サッカー部に在籍していた高校時代はグンゼ宮津工場のグラウンドを借りて練習をしていたこともあり、身近なブランドでした。でも色気づくに従って「白い肌着」から離れ、気がつけば30年という月日が流れていました。ファストファッションショップが台頭した90年代以降は、思い出すこともありませんでした。

グンゼストア
GUNZE store(グンゼストア)

ひさしぶりのコットン肌着は、懐かしくてやさしくて。

それなのに今年、着てみようと思ったのは、ふいにコットンの肌ざわりが恋しくなったからです。ファストファッションショップのノースリーブシャツも何枚が持っていますが、ポリエステル特有のサラサラ、ツルツルとした感覚が物足りなくなってきたのかもしれません。

オンラインショップにたどりつき、同年代と思われる方の「やっぱりグンゼ」「替えが効かない感触」というレビューを目にしたとたん、強烈な力で引きつけられた、といえば少し大げさですけどね。

ひさしぶりに身につけたコットンの肌着は、懐かしくてやさしくて、ほんとうに気持ちがいいですね。戻るべくして戻ってきたと思えるほどで、汗など気にすることなく遊び回っていた少年時代の夏の記憶が蘇ってきました。とかく臭いが話題になる50代が目前に迫った夏に、再度グンゼと出会えたことに感謝します。
この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

オンラインショップで購入すると、こんなパッケージで届きます。汗っかきの旦那さんや恋人にプレゼントしても喜ばれそう。「since 1946」には改めて歴史を感じます。僕が生まれる30年前に誕生した、日本が誇るブランドです。

この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

ユーザーにとっては不快きわまりない背裏のタグはなく、プリントネームを採用してブランド名とサイズを表示。「一日中身につける肌着だからこそ、常に着る人の気持ちになって作り続ける」というメーカーの心意気を感じます。

この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

生地は吸汗速度と吸湿性を高めたグンゼ独自のコットン。”めんひゃくぱー”です。フィット圧を低減しカッティングにも工夫したとあって、着心地の良さは抜群!ポリエステルの「サラサラ感」に飽きた方、コットンに戻ってみませんか。

この夏の汗対策はコットン!インナーはthe GUNZE (ザ・グンゼ)のVネックスリーブレスシャツ。

サイズはL。縮むことを想定してインナーはいつもワンサイズ上のものを選びますが、「the GUNZE」は衣類乾燥機を使用しても縮みにくく、型崩れしにくいキープフォルム設計を採用。化学用品に依存しない防縮乾燥・防縮仕上げも施しているとのことなので、この夏は頼りにしています。

深めのVカットなので、ワイシャツの第二ボタンを開けても大丈夫

深めのVカットなので、ワイシャツの第二ボタンを開けても大丈夫。白いワイシャツでチェックしましたが乳首が透ける心配もありません。

GUNZE store(グンゼストア)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする