MTDDC TOKYOに参加してきました。

mtddc tokyo
7月31日(土)に新宿(マイクロソフト株式会社セミナールーム)で開催された、MTDDC TOKYO テーマ編に参加してきました。会場の様子やスピーカーの皆さんが作成されたスライドはこちらで公開されていますので、セッション別に簡単な感想を書いておきます。

『Movable Type 5.1 成長するプラットフォーム』
金子 順さん(シックスアパート株式会社)

前半はMovable Typeはユーザーの声を反映してどんどん成長しているという話で、来年公開予定のMovable Type5.1に実装予定の機能の概要などが紹介されました。

印象的だったのは、後半の海外のコミュニティメンバーが日本のデザイナーやエンジニアが制作したプラグイン、テーマを高く評価している、という話。「ブロークンな英語でいいからどんどん公開してほしい」「公開してくれれば翻訳の修正は手伝うよ」と言ってくれているそうです。

日本のクリエイターさんのBlogでは海外の優れたデザインのサイトや、無料で使えるテーマ、アイコン集などが多数紹介されています。僕は記事として翻訳されているものはほとんど拝みながらブックマークしていますが、自分のサイトもブラッシュアップを重ねて英語版を公開すれば海外のサイトで評価されるかもなぁ……と、勝手にワクワクしながら聞いていました(my gengoという翻訳サービスがあることも初めて知りました)。

『テーマ機能を使って、便利にテンプレートを管理しよう』
森和恵さん (r360studio)

僕はサイトのコーディングをDreamweaverで学んだもので、今年の初めにMovable Typeによるサイト構築を思い立った際、真っ先に読んだのが森さんの著書『DreamweaverとMovable Typeで作るテンプレートカスタマイズレッスン』でした。結局はWordPressを優先し、Movable Typeを使う時間がまったくとれていないのが実情ですが、ライブラリの活用をはじめテーマ機能の「入口」のところを丁寧にレクチャーしていただいたのがありがたかったです。できるだけ早く使ってみたいと思いました。

『ウェブサイト/ブログを組み合わせたサイトのテーマ化』
藤本壱さん

勉強したいと思っていることをピンポイントで表現されたタイトルなので集中して拝聴していましたが、知識不足はいかんともしがたく、ノートをとる手はセッションのなかばで止まってしまいました。ただ、ここのところはずっとWordpressでのオリジナルテーマの作成を続けていて、著書の『PHPによるWordPressカスタマイズブック』も辞書のように使っているので「テーマ作成ではブログIDに依存せず、変数を設定する」というところは感覚的に理解できました。

『仕事に役立てるテーマ』
蒲生トシヒロさん(有限会社ITプロフェッショナル)

テーマとは何か?というところから、その長所や利便性、発展性、設計上の注意点などをレクチャー。テーマを理解するための具体的な方法(サンプルテーマのカスタマイズ)の提案もあり、ゼロから勉強するときにこのスライドに書かれた注意点やポイントを追っていけば、迷うことなく進んでいけるのではないでしょうか。少し深いところは後から登場する荒木勇次郎さんに任せることを前提としたセッションでもありました。
終了後には藤本さんたちとの共著『Movable Type5 実践テクニック』争奪(3冊)のジャンケン大会が行われました(僕はすでに購入していたので参加しませんでした)。

『Web制作・開発者の方々を対象としたマイクロソフトの支援施策』
金尾卓文さん(マイクロソフト株式会社)

マイクロソフト社が、開発者を目指す学生、スタートアップ企業、web制作・開発会社(従業員25名以下・個人事業主含む)向けに行っている支援プログラムの紹介が中心でした。マイクロソフト社がこうした事業展開に注力されていることは5月の『WordCamp2010 Yokohama』で初めて知り、興味もあるのですが、自分はそこまで利用範囲を拡げることができないのが現状です。ただ、今後はこうしたプログラムを利用している会社を取材させていただく機会があるかもしれません。胸に留めておいて、ユーザーに感想を聞いてみたいと思っています。

『テーマを使った手間いらずなサイト制作』
荒木勇次郎さん

管理されているBlog「小粋空間」を知ったのは8年くらい前で、Movable Typeで初めて作ったBlogのテンプレートは、ここで今でもバージョンアップに対応しながら公開されている3カラムテンプレート(固定)をカスタマイズしたものでした。その後、FC2ブログに以降してからも使い続けていたので、きわめて一方的ではありますが長いお付き合いをさせていただいております。
セッションについては、無知ゆえに最重要と思われるtheme.yamlの役割(まださわったことすらありません…)はもちろん、独自に開発されたプラグインの凄さも理解できませんでした。ただ、140ページにも及ぶ資料が丁寧に作り込んであり、解説のテンポもよかったので退屈することはありませんでした。このスライドも保存しておかねば。

『Lightning Talks』
Lightning Talksで印象に残ったのは、飛び入りで参加された小山智久さんの話でした。「ページ」と「ブログ記事」は同じモノを違うモノに見せているだけだし、「ブログ」と「ブログ記事」の違いをクライアントに聞かれるたびに言葉に詰まるので、もっとシンプルに整理してはどうか?という提案。僕自身もこのあたりの違いが分からずに頭を抱えていた(今でも完全に理解しているとはいえない)ので、CMSツールとしてもクライアントに説明の必要もないくらい使いやすくなればいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. MovableType.jp より:

    MTDDC TOKYO テーマ編 を開催しました…

    7月31日(土)にマイクロソフト株式会社 新宿本社 セミナールーム にて、MTD……