【ちょっと映画レビュー】ぼくたちの家族(2014年・日本)

僕たちの家族

スポンサーリンク

母の命を救うためひとつになった家族が、リアルな奇跡を引き寄せる

劇場で観るにしても、WOWOWで視聴するにしても、お金を払って悲しい気持ちになりたくないのでこのジャンルの作品は避けているのですが、土曜の朝、起き抜けになんとなくテレビの前に座って、引き込まれました。心に残る名作との出会いは、そんなものかもしれません。

病気は、幸せで平穏だった家族の生活を跡形もなくふき飛ばしてしまう爆薬になることもあれば、とっくに壊れてばらばらになっていた家族の心をひとつにする接着材になる場合もあります。この作品で描かれているのは後者のケース。

家族は、東京の郊外に建てた一戸建てに暮らす会社経営者の父、専業主婦の母、会社務めですでに結婚している長男、スネをかじりながらひとり暮らしをしている大学生の次男、という構成。この家族の生活が、母親の頭に手術不可能な脳腫瘍があるとわかり、余命一週間と診断されて一変します。

最も大きな重圧を背負うことになったのは、中学時代にいじめを受けて引きこもったという過去をもつ長男です。小さな会社の営業職としてどうにかやっている彼の妻は妊娠3ヵ月。体調不安を理由に見舞いに行ってくれないどころか「出産と育児のためにこつこつを貯めてきたお金を、母親の入院費用にはしたくない」と言われてしまいます。

その矢先、実家に1300万円以上の借金があることが発覚。自己破産すると、保証人になっている長男がその借金を全額引き継ぐことになります。「面目ない」とわびる父。「この家族はとっくに壊れていたんだ」と吐き捨てる次男。やるせない気持ちで病室へ行くと、記憶障害が出ている母は、長男の顔をまじまじと見て言います。「あなた、誰?」

そのうえ、医師からは「このまま入院しても治癒する見込みはないから、家に戻って残された時間を一緒に過ごされてはどうか」と言われる始末。まさに真っ暗闇。どん底です。でも、そこでスイッチが入ります。子供ができたとわかっても、どこか他人事のようだった長男が、母の命を救うために悪あがきしようと決心します。そんな長男の姿を見て、父も次男も変わっていきます。

グッと来るのは、その家族のもとに蜘蛛の糸にも似た一縷の望みがもたらさせる瞬間。お金で絶望せず、医者のいいなりにならず、母を救うことを諦めなかったからこそ、引き寄せることができた奇跡。世界的な名医と出会って手術で全開したわけでも、誰かがお金を出してくれる人が現れたわけでもないからリアルで、長男を思いやる父と次男の行動が胸を打ちます。

2人と3人の違いはあれど、我が家も男のきょうだい。序盤から自分の家族に置き換えて、次男目線で観ました。こんなふうになるわけはないですが、自分がやるべきことと、その順番だけは間違わないようにしたいと思います。

監督・脚本は『舟を編む』『バンクーバーの朝日』の石井裕也。
「こんな人いるわけがないよ」と思ってしまうようなデフォルメの大きな人物が出てこないのが作風なのかな、と。その他の作品も全部観て、新作を期待して待ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする