夏場もOKの、3/4タイプのランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

ランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

スポンサーリンク

機能よりも価格と3本線のデザインを優先してadidas。

夜ラン歴15年目を迎え、冬場の寒さがこたえる年齢になってきましたので、年頭に初めてロングタイプのランニングタイツを購入。これが思いのほか心地よくてモチベーションを維持できたので、気温が高い夏場でも着用できる3/4タイプのタイツも購入しました。ブランドは、ウエア、シューズと同じadidas(CLIMALITE)です。

タイツの役割は、不安を抱えている関節(足首・膝・股関節)と筋肉(アキレス腱・ふくらはぎ・大腿部)のサポート、姿勢の保持、ブレの軽減、血液循環の促進、反発力の増加、保温など。初心者ランナー(脂肪層の厚い女性)が履くと、大腿部の震えを抑止して筋肉疲労を遅らせる効果があると言われています。

こうした機能面を踏まえて、何度もフルマラソンのレースに出場している知人やスポーツショップのスタッフに聞くと、おすすめのタイツとして挙がるのはワコールのCW-X(駅前の大型ショップには試着できる特設コーナーがあります)、ミズノのバイオギアなどですが、週に1~2日、5キロ程度のランが楽しめれば十分の僕には贅沢なアイテム。それに、15年以上もタイツなしで走ってきましたからね。機能よりも価格と3本線のデザインを優先してadidasにしました。

とはいえ、機能的な魅力も十分です。
公式サイトには「吸汗速乾性に優れたロングタイツ。ベーシックなデザインなので、様々なアイテムとのコーディネートが可能」と記載されている程度で、詳しい解説はないのですが、3/4タイプでも臀部と大腿、膝裏のホールド感は頼もしく、身につけた時の気持ち良さは「やっぱりadidas!」です。他の商品より廉価でも、長く愛用してきたファンの期待を裏切らないクオリティですので安心して購入してほしいと思います。

夏場に向けて3/4タイプのランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

身長173cm、体重65kg、ウエスト78cmの僕はMサイズ。ウエスト部分の伸縮性が乏しい(このあたりが低価格の理由かも)ので最初のうちはおそるおそる臀部を通す、という感じでしだが、履いて洗ってを繰り返すうちに気にならなくなりました。ホールド感はちょうどいいのでこのサイズで正解だったと思います。後ろにジッパー付きポケットがあります。

同じ3本線のパンツと合わせると、adidasファンです!とじゅうぶんにアピールできます。無地のパンツでもかっこいいと思いますよ。

夏場もOKの、3/4タイプのランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

ロングタイツと比較すると膝裏のホールド感が落ちるかも・・・・・・と思っていましたが、ロングタイツ同様の頼もしさ。レギンスと同じなので雰囲気は女性っぽくなりますけど、ふくらはぎに不安がなくすね毛の薄い僕にはこっちの方が合っている気がします。

夏場もOKの、3/4タイプのランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

今年の1月に防寒目的で購入したロングタイプ。サイズが小さめなので、脱ぐときはソックスを履いたまま、子供のように足で踏みつけながら引き抜くとスムーズにいきます。上品に脱ごうとすれば足首のところが伸びてしまうかも。

夏場もOKの、3/4タイプのランニングタイツを購入。デザインと履き心地の良さは”やっぱりadidas!”

スパイラル的な要素が入っていなくてもホールド感はじゅうぶん!記録を伸ばすためにがつがつ走るのではなく、スマートにかっこよく、ランニングを続けていきたい方にはぴったりのタイツです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする