【レビュー】iPhone5/5s対応のスポーツアームバンド『MiniSuit NewYork』

iPhone5/5s対応のスポーツアームバンド『MiniSuit NewYork』
3年前に購入したXtremeMacのiPhone5/5対応アームバンド(IPP-SPN-83/グレー)がくたびれてきたので買い換えることにしました。XtremeMacには全幅の信頼を置いていますので他のメーカーへの買い換えは考えていなかったのですが、国内の販売代理店がなくなってから価格が跳ね上がってしまい、愛用していたグレーは6,000円前後に。2,500円で購入できたものをこの価格で買い直すのもどうか、ということで仕方なく。

で、Amazonのラインナップからほとんど直感で選んだのがこの『MiniSuit NewYork』。1,000円未満(970円)の価格と、素材の表記がデュポン社の商標になっている「ネオプレン」ではなく「ネオプリーン」になっている点に怪しさを感じましたが、実際に使用してみると、XtremeMacに巡り会うまでにつかまされたいくつかの劣悪品とは比較にならない品質。XtremeMacの代用品として、十分に期待に応えてくれています。

iPhone5/5s対応のスポーツアームバンド『MiniSuit NewYork』

表(上)とウラ(下)。バンドを通す穴が2つありますので、二の腕の細い女性でも緩くて使えないということはないはず。こうしてみるとポケットの切り口が少し斜めになっており、断裁面の粗さも目立ちますが機能を損なうものではありませんよ。

MiniSuit NewYork

「ネオプレン」なら、ダイビング用のウエットスーツなどに使用されている素材ですが「ネオプリーン」とはこれいかに……。でも生地の厚さや伸縮性はXtremeMacと比較しても遜色はなく、縫製にも問題はありません。

伸縮性があるのでこのくらいの厚さであればケースを装着したままでも何とか収まります。使い込んでいけば、ジャストサイズになっていくかも。

MiniSuit NewYork

ケースをつけたまま収めるとイヤフォン用の穴と上部の口が伸びて少し開き気味になりますが、ランニング中にiPhoneが飛び出してしまう、という心配は無用。ホールド感は頼もしいです。

MiniSuit NewYork

愛用しているランニングアプリ「NikePlus」を立ち上げてみました。視認性、画面の操作もまったく問題ありません。1,000円以下でこれなら文句はないでしょう。

iPhone5/5s対応のスポーツアームバンド『MiniSuit NewYork』

フィット感もXtremeMacに勝るとも劣りません。

スポンサーリンク

最後にちょっとだけ

Amazonのレビューのなかには「キツく締めつけても走っているうちに緩む」というのがありましたが、iPhone5の重量を考えたらそんなの当然じゃないですか。また、夏場、肌の上に直接付ければ生地に汗が染みてiPhoneのボディを濡らしてしまうこともあります。それが嫌だという方、腕の振りが鈍るのではないかと気にされている方は使わないことですね。

僕はそれでも好きな音楽を聴きながら走りたいですし、「NikePlus」を使っていなければ今日までランニングを続けることはできなかったと思っていますので、これからも使い続けるつもりです。
もっとも、フィット感の高いウエストポーチなどがあればそっちに換えるかもしれませんけどね。
しばらく使ってみて不具合などがあれば、またご報告します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする