足の怪我を機に、ネットスーパーを活用中です。

SEIYUドットコム
5月の連休明けから、すべての食料品と日用品をSEIYUのネットスーパーで購入しています。理由は、GW中にフットサルで右脚のアキレス腱を断裂し、歩くことがままならなくなったからです。

アパートの階段は、手すりに捕まれば片足でもどうにか昇り降りができるので斜向かいのスーパーまで行くことは可能ですが、歩く時は両腕でしっかりと松葉杖を握っていて体重を支えなければならないので、買い物カゴを持つことができません。病院の帰りに挑戦してみましたが、両方の指先に6枚入りのトーストと3束パックのうどんを引っ掛けるのが精一杯でした。

ですから、その日のうちにネットスーパーにユーザー登録をして、パスタや野菜、冷凍食品、お菓子、飲料などをまとめて購入しました。銀行はおろか、コンビニにも行けないので、支払いはカードです。

SEIYUを選択したのは、以前、ネットスーパーについて取材をした時にいい印象をうけたからですが、あとで調べてみると、サイトのユーザービリティーは同業他社より上でした。本当は、斜向かいにあるスーパーが配送してくれるのが一番なのですが、これまで味わうことのなかったPBブランドの食品も試しつつ、ネットスーパーライフを楽しんでいます。


ありがたいと思ったのは、後片付けが面倒なダンボールではなく、レジ袋に小分けして届けてくれること。配送当日に在庫切れになった商品については、価格はそのままで代替品を用意して持って来てくれるなど、サービス面にも満足しています。でも、アキレス腱の治療は長丁場なのでイトーヨーカドー、サミットなど、他社のサービスも利用してみたいですね。

僕はひとり暮らしなので、10年前なら、すぐ実家に電話して食料品を宅配便で送ってくれるように頼むとか、帰省して療養するとかしていたと思いますが、今はネットが繋がっていればどうにか生きていけると実感。

ひとりでも何とかなってしまうところに、寂しさもちょっぴり、感じていますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする